メニュー 閉じる

産婦人科


外来担当表

…当日予約の受付が可能です。当日予約の受付は、午前11時30分までです。
(ただし、数人の場合もあります。)

産婦人科
予約外当番医当番医当番医当番医当番医
予約(午前)伊田
大吉
小野
立花
吉原

小泉
野間
斉藤
陶守
栗原
竹内
予約(午後)当番医当番医(午後)
妊婦検診竹内(午前)野間(午前)栗原(午前)依光(午前)吉原(午前)
斉藤(午後)
助産師外来
当番助産師当番助産師当番助産師当番助産師当番助産師
※予約外外来の当日受付の診察医師は当番制で、当日の手術や緊急の処置等の関係で交替することがあります。

診療医のご紹介

役 職 氏 名 専門医・認定医等情報 専門領域
副院長 陶守 敬二郎 日本産科婦人科学会責任指導医
日本産科婦人科学会専門医・指導医
母体保護法指定医
東京産科婦人科学会評議員
東京産科婦人科学会西多摩支部長
東京医科歯科大学医学部臨床教授
産婦人科一般
婦人科腫瘍
周産期医療
部 長 小野 一郎 日本産科婦人科学会専門医・指導医
母体保護法指定医
産婦人科一般
婦人科腫瘍
部 長 伊田 勉 日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本性感染症学会認定医
日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
東京産科婦人科学会評議員
災害時地域周産期リエゾン
J-MELSベーシック・インストラクター
母体保護法指定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コース修了
産婦人科一般
婦人科腫瘍
周産期医療
内視鏡手術
がんゲノム医療
医 長 立花 由理 日本産科婦人科学会専門医 産婦人科一般
周産期医療
医 長 鈴木 晃子 日本産科婦人科学会専門医 産婦人科一般
医 長 郡 悠介 日本産科婦人科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
J-MELSベーシック/アドバンス・インストラクター
ALSO JAPAN PROVIDER COURSE修了
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」Aコース修了
女性ヘルスケアアドバイザー研修会修了
新・リンパ浮腫研修(Step1、Step2)修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
日本医師会認定産業医
産婦人科一般
内視鏡手術
医 員 大吉 裕子 日本産科婦人科学会専門医・指導医 産婦人科一般
医 員 小泉 弥生子 日本産科婦人科学会専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」Aコース修了
産婦人科一般
医 員 斎藤 緑 産婦人科一般
医 員 栗原 大地 産婦人科一般
医 員 吉原 聡子 産婦人科一般
医 員 竹内 里沙 産婦人科一般

【帰省分娩を希望する方へ

診療科のご紹介

当院は、H22年4月から妊娠34週以降・胎児の推定体重2000g以上のミドルリスク妊婦受け入れを対象とした「東京都周産期連携病院」となり、西多摩地区のみならず多摩地区全体の周産期医療のネットワーク体制の基幹病院の一つとして重要な役割を果たしております。なお当院での出産を希望される妊婦さんは、里帰り出産希望の方も含めて、妊娠16週までに一度当科を受診していただくようにお願いしております。また癌拠点病院として、子宮がんや卵巣がんなどの婦人科悪性腫瘍に対して手術、放射線治療(RALS併用)、化学療法による集学的治療を行なっています。この他、平成24年度産婦人科専攻医研修施設更新に伴い、H24年1月から日本産科婦人科学会周産期登録、婦人科腫瘍登録施設にもなっております。

治療・検査

医療設備

CT、MRI、カラードプラー超音波断層診断装置、核医学診断装置、リニアック、腹腔鏡システム、PET-CT(平成18年6月より導入)

(1)外来の状況

外来診療は、医師6名/日、助産師外来1名/日が診療にあたっております。妊婦健診は、平日午前中に当番医制で行っています。月・水の午後は予約制で、産後1カ月健診(健診後に助産師が産褥指導と育児相談に対応)を行っています。不妊症につきましては、専門外来ではなく一般外来診察のなかで、主に検査と投薬治療までを行っています。人工授精や体外受精などの治療につきましては専門のクリニック等にご紹介しています。レーザー治療はしばらく休止しておりましたが、平成26年末より再開しております。外来化学療法は、2〜3人/日、10〜15件/月のペースで実施しております(初回治療や長時間かかる化学療法は1泊2日入院で対応)。
その他に、助産師による妊婦健診(平日毎日)、産褥の方を対象にした母乳(外来1日/週 、授乳相談1日/週)、少人数制の母親学級(1/月)も予約制で行っております。

(2)病棟の状況

切迫早産や妊娠高血圧症候群などのハイリスクな妊娠管理、分娩、婦人科の良性腫瘍•悪性腫瘍の患者さんも皆さん西病棟3階の産婦人科病棟に入院していただいております。回診は午前中に1〜2名の医師で行い、同時に分娩・救急・手術・化学療法にも対応しております。
また小児科•病理科などとのカンファレンスを定期的に行い、情報の共有をはかっております。その他、病棟スタッフミーティングを開き、難治症例の検討や診療ガイドラインの改訂等を確認しております。

(3)手術の状況

定時の手術日は、火・木・金曜日の週3日で、木曜日は悪性腫瘍等の長時間手術を行っています。麻酔科医師の不足の影響もあり、リスクの低い帝王切開手術については産婦人科医師が麻酔を担当しております。

 

手術件数・分娩件数 他

婦人科 平成29年度 平成30年度 令和元年度
総手術件数 437 352 354
子宮外妊娠 6(ラパロ3) 14(ラパロ7) 5(ラパロ2)
良性腹式単純子宮全摘術 52 38 44
良性付属器手術 28 21 27
子宮筋腫核出 4 7 3
膣式子宮全摘(子宮脱など) 16 18 4
腹腔鏡手術(外妊のぞく) 35 21 15
子宮頸癌(広汎・準広汎) 4(1.1)
円切30
4(1.0)
円切31
7(3.1)
円切35
子宮体癌(リンパ節郭清) 15(6) 9(4) 15(10)
卵巣癌(リンパ節郭清) 13(7) 13(4) 21(6)
産 科 平成29年度 平成30年度 令和元年度
総分娩件数 688 616 578
正常分娩 511 469 412
吸引分娩 43 38 46
腹式帝王切開術(緊急) 132(43) 108(34) 120(47)
帝切率 19.2% 17.4% 20.8%
前回帝切(TOLAC) 29(3) 22(0) 62(0)
骨盤位(経膣分娩) 18(0) 7(0) 7(0)
双胎(経膣分娩) 11(0) 7(0) 9(0)
出生児体重(人)
~999(g) 1 1 0
1000~1499(g) 1 0 0
1500~2499(g) 69 73 72
出生時妊娠週数(件)
22週~36週 42
(34週以下 7)
45
(34週以下 8)
41
(34週以下 3)