文 字 背景色 ■□ ■□ ■□
メニュー 閉じる

未成年者(20歳未満)の外来受診について

未成年者の外来受診には、保護者の同伴が必要です。
ただし、18歳以上であれば、発熱、腹痛、発疹などの軽微な症状の場合にかぎり、保護者の同伴が無くても受診できます。
なお、医師が必要と判断した際には、保護者に連絡または保護者の来院をお願いする場合があります。