電話による再診・処方せん発行の取り扱いについて – 青梅市立総合病院
■□ ■□ ■□            
メニュー 閉じる

電話による再診・処方せん発行の取り扱いについて

令和2年6月
青梅市立総合病院 院長

新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、厚生労働省の通知により、当面の間、電話による再診が可能となっています。
当院でもこの通知に基づき、定期的に通院されている慢性疾患をお持ちの方を対象に、医師が電話での診療のみで可能と判断した場合に限り、電話再診による院外処方箋発行を行っていますが、電話回線の混雑が生じております。電話回線の混雑を緩和するため、FAXまたは郵送での受付も行いますのでご利用ください。FAXまたは郵送での申し込みにご協力をお願いします。

※本業務につきましては、7月17日をもって受付を終了いたしましたが、本日より当面の間、取り扱いを再開いたします。
ご希望の場合は、以下をお読みの上でお申込みください。

 (9月7日追記)

1.以下の方が対象となります。

・慢性疾患等を有して、当院にて定期的に受診・投薬を受けている状態の安定している患者さん
・原則として、前回処方薬剤と同じ内容の処方(医療材料は、不可となります)

2.対象とならない患者さん

①診療科によっては上記以外にもお受けできないことがあります。以下をご確認ください。

診療科 電話診療ができない方
脳神経外科 ・急な症状変化や発作(けいれん、意識消失など)があった方
皮膚科 ・ステロイド内服を行っている方(但し、維持量となっている方は除きます)
・処置が必要な方
リウマチ膠原病科 ・診察当日に血液検査がある方
(但し、前日までに血液検査を受けていただければ、当日は電話診療の対応が可能です)

2020.05.07現在

②インスリン注射針や血糖測定チップなど医療材料が必要な患者さんの場合は、これら物品を病院でお渡しする必要があるため電話診療を行うことができません。

③初診の方は、電話診療では対応できません。

以上のことをご確認の上、下記に進んでください。

3.ご希望される方は下記の流れをご確認の上、申込フォームを印刷の上FAXまたは郵送でお申し込みをお願いします。
なお、電話回線が大変混みあっており、電話が繋がりにくくなっております。お手数ですが、申し込みはFAXまたは郵送でお願いします。

電話診療の流れ

申し込み

・FAXまたは郵送でお申し込み下さい。

(申し込みフォームの「電話による診療・処方せん発行申込書」はこちら Word版・PDF版)

「電話による診療・処方せん発行申込書」Word版
「電話による診療・処方せん発行申込書」PDF版

※診療予約日の2日前(土曜日、日曜日、祝日を除く)の16時までにFAXまたは郵便物が当院に届くようお願いします。
※保険証が変更されている場合は、保険証のコピーも一緒にお送りください。

①FAXの場合
FAX番号:0428―22―3197にFAX願います。

②郵送の場合
宛先:〒198-0042 青梅市東青梅4-16-5
青梅市立総合病院医事課 宛

診察予約日当日

・当院よりご連絡致します。
※医師が電話で診察致します。次回の予約についてもご相談ください。
※医師の診察の状況により、連絡する時間は確約できません。
※電話での診療の結果、来院・診察が必要になる場合があります。あらかじめご了承ください
・病院から患者さん希望の薬局に処方せん、予約票などをFAX致します。
※患者さんご希望の薬局が、かかりつけ薬局でない場合は、薬の取扱いが可能かどうかご確認してください。
※FAX送信時間は確約できません。

薬局(薬の受け取り)

・薬局に薬を受け取りに行って下さい。
※受け取り時間、受け取り方法については、患者さんが薬局に連絡を入れてご確認、ご相談ください。
※患者さんから薬局に連絡がない場合に備えて、当院から薬局に患者さんの連絡先をお伝えします。

費用について

・通常通り外来受診と同様に診察料に加えて、薬局への処方せん原本郵送料がかかります。
・費用は、次回の外来受診時にお支払い下さい。