文 字 背景色 ■□ ■□ ■□
メニュー 閉じる

放射線科で行う検査(マンモグラフィ検査)

検査室までのご案内(写真でご案内)

マンモグラフィ検査とは

乳房専用のX線装置を使った検査です。

普段撮影する胸部と違い、乳房はとても柔らかい臓器なため、専用の装置を用いて乳房を圧迫しながら撮影します。
しこりとして触れない早期の乳がんのサインである石灰化(砂粒のような細かいもの*画像) を見つけることが出来ます。
当院では乳房撮影以外に、乳房内の病変を採取するステレオガイド下生検も行っています。

検査方法

左右両方の乳房を片方ずつ頭尾方向(CC撮影:Cranio Caudal)と内外斜位方向(MLO撮影:Medio Lateral Oblique)で圧迫して撮影します。必要に応じて追加で撮影することもあります。

実際に圧迫している時間は数十秒です。
検査は、10~15分で終わります。

検査時の注意

制汗スプレーやボディパウダーをつけてきた場合、病変と間違えてしまう可能性があるのであらかじめふき取っていただくか、担当技師にお伝えください。

検査中はめがね、ネックレスを外していただきます。

写真に髪の毛が写ることがあるので、長い髪の方は髪を束ねていただきます。

妊娠されている方、豊胸手術を受けられた方、体内にペースメーカーやVPシャント、ポートなどを埋め込まれている方は事前にお申し付けください。

ステレオガイド下生検とは

マンモグラフィ上で乳房内の病変を確認しながら、針を刺して目的の病変組織を吸引し取り出す検査です。 検査は横向きに寝た状態で行い、1時間程度で終わります。

よくあるQ&A

Q. なんで左右撮影するの?

A. 乳房の中は乳腺以外にもさまざまな組織があり、人によって乳腺の多さや分布は違います。
左右を撮影し比較することで病変が見つかりやすくなります。

Q. なんで圧迫するの?

A. 圧迫することで、3つの利点があります。
乳房内の乳腺の重なりを減らすことができるので、より病変( )が見つかりやすくなります。
動きによるボケがなくなります。
乳房の厚みを薄くすることで、X線の量(被ばく量)を減らすことが出来ます。
(乳房の厚さを1cm薄くすると、X線の量は半分になります)

Q. 生理前で乳房が張っていますが、検査を受けても大丈夫ですか?

A. 大丈夫です。ただ、乳房が張っていると検査時に痛みを感じやすくなります。生理が始まる2~3日後から1週間ぐらいが乳房が柔らかくなる時期で、この時期が撮影に適しています。
次回の検査日の参考にしてください。

マンモグラフィ検診施設画像評価(ソフトコピー)

当院では平成26年2月にデジタルマンモグラフィ装置を導入し、この度マンモグラフィ検診施設画像評価で最高評価Aを取得することが出来ました。

※マンモグラフィ検診施設画像評価(ソフトコピー)とは

特定非営利活動法人日本乳がん検診精度管理中央機構がマンモグラフィ検診の精度維持、向上を目的として行う認定評価です。
施設の持っている撮影装置の性能、診療放射線技師の撮影技術、撮影時のX線量などを総合的に判断し、必要な基準を満たした場合取得することが出来ます。