文 字 背景色 ■□ ■□ ■□
メニュー 閉じる

「がん診療連携拠点病院」平成20年2月8日指定

「日本がん治療認定医機構認定研修施設」指定

地域がん診療連携拠点病院の役割

青梅市立総合病院は、国の地域がん診療連携拠点病院の指定を受けています。

地域がん診療連携拠点病院とは、がんの治療において、手術治療、抗がん剤治療、放射線治療や緩和医療など専門的ながん医療の提供を行っている医療機関を2次医療圏に1箇所程度指定されるものです。

他にも、がん患者に対する相談支援および情報提供や院内がん登録を実施し国立がん研究センターへ情報提供も行っております。

当院では、地域がん診療連携拠点病院として、がん相談支援センターを設置し、がん患者に必要な情報提供を行っています。

【相談窓口:がん相談支援センター】

【対象疾患別の対応状況と使用しているガイドライン等】

【「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」修了医師一覧】

【院内がん登録数】

外来治療センター・患者家族交流室(新棟3階)

がん治療は、手術治療、薬物療法(抗がん剤治療)、放射線治療の3つが大きな柱となっています。

 手術治療や放射線治療が、がんに対して局所的な治療法に対し、がんの薬物療法は、細胞の増殖を防ぐ抗がん剤を用いた治療法で、より広い範囲の治療の効果があります。

近年、抗がん剤の進歩や副作用の緩和等がすすんだため、入院しないで外来で化学療法を行うことが多くなってきました。

 当院では、患者さんが自宅からの通院し、普段の生活リズムを維持しながら治療を行うことができる外来による抗がん剤治療をより安全、快適に行うため、外来治療センターを開設し、医師、看護師、薬剤師が協力しながら、治療を行っています。

 患者家族交流室は、外来治療センターに併設され、がん治療などに関する図書やリーフレット等を置いてあります。