文 字 背景色 ■□ ■□ ■□
メニュー 閉じる

放射線科で行う検査(血管造影検査)

血管造影(Angiography)検査とは

CT Angio装置

手首や肘、足の付け根などからカテーテルという細くて長い管を血管内に挿入し、その管の先端を目的の場所まで持っていきます。頭部や腹部、腕の血管などを造影剤を用いて形態を観察する検査です。また、特殊なカテーテルや器具を使って治療も行っています。

当院ではCT装置の搭載した血管撮影装置を導入しており、より細かな検査および治療を行うことができます。

TACE(Transcatheter Arterial ChemoEmbolization)肝動脈化学塞栓術

肝臓内の腫瘍を栄養する血管までカテーテルをもっていき、そこで抗がん剤や腫瘍を栄養する血流を停滞させる物質を注入して治療します。

CTガイド下生検

搭載されているCTを使って、肺や骨盤腔内などの結節を特殊な針を使って細胞を採取し、病理検査を行います。

脳血管造影

P脳を栄養する血管までカテーテルをもっていき、その先端から造影剤を注入して撮影し、動脈瘤や脳梗塞、脳腫瘍の栄養する血管を観察することができます。

PTA(Percutaneous Transluminal Angioplasty)経皮的血管形成術

人工透析で使うシャントが細くなってしまったときに風船を使って治療します。