放射線科 – 青梅市立総合病院
■□ ■□ ■□            
メニュー 閉じる

放射線科

担当医

…当日予約の受付が可能です。

放射線科(治療)
午前濱田濱田(再診)濱田(再診)濱田
糸永
濱田
午後濱田
大久保
濱田(再診)濱田(再診)濱田
糸永
濱田

診療医のご紹介

役 職 氏 名 専門医・認定医等情報 専門領域
部 長 田浦 新一 日本医学放射線学会放射線診断専門医,日本核医学会専門医,同PET核医学会認定医 画像診断,核医学
部 長 濱田 健司 日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会共同認定放射線治療専門医,日本医学放射線学会専門医,緩和ケア研修会終了 放射線治療
医 長 矢内 秀一 日本医学放射線学会放射線診断専門医,日本核医学会核医学専門医 画像診断
医 長 田中 真優子 日本医学放射線学会放射線診断専門医 画像診断
医 長 白川 陽子 日本医学放射線学会放射線科専門医
医 員 橋本 祐里香

診療内容

当科のご案内

放射線科の業務は画像診断、インターベンショナル・ラジオロジー(IVR)と放射線治療に分けられます。
CT,MRIおよび核医学(PET・RI)の読影を行っています。CT、MRI、および核医学あわせて年間に約2万9千件の検査を診断して院内にレポートを配信しています。

CT、MRI、核医学(PET・RI)について

CTは年間2万件以上にのぼり、1日あたりおよそ80件になります。胸部では心臓CT、高分解能CT、腹部ではダイナミックCTなどを用い、より疾患特異性の高い画像診断を目指しています。
MRIは1日あたり、およそ30件行っております。最近は、脳・脊推(髄)・骨盤ばかりではなく、腹部や胸部など横隔膜に近い呼吸性移動のあるところでも良い画像が撮れるようになりました。造影剤を使わずに撮れる脳の血管像(MRA),急性期脳梗塞を検出する脳拡散強調画像、閉寒性黄疸に有効な胆管膵管像(MRCP)、肝腫瘍の検出や鑑別に便利なEOB-MRIなど利用範囲は広がっています。
核医学(PET・RI)検査は、PET・RIセンターにて検査を行っており、SPECT装置・PET-CT装置がそれぞれ1台ずつ有ります。PET-CT検査・RI検査共に、院外(他施設)からのご依頼も受けておりますのでご利用ください。また、PET-CT検査ではがん検診も行っています。核医学(PET/RI)検査のほかに、甲状腺機能亢進症などの核医学治療も行っています。

PET検診につきましては、こちらをご覧ください。

なお、CT、MRI用の造影剤およびPET-RIの投与は看護師が行っており、やさしく対応しております。最新の技術が次々と反映される領域であり、スタッフ一丸となって新しい分野に取り組んでおります。

IVRについて

IVR(interventional radiology)は画像を使って体の中を見ながら治療(時には診断)する事を言います。当科に対する依頼の上位は肝癌に対する経皮的肝動脈動注寒栓術(TACE)とCT透視下肺生検ですので、それについて紹介いたします。
TACEは、肝癌に対してそれを栄養する肝動脈分枝から抗がん剤と寒栓物質を注入して治療します。
CT透視下肺生検は肺結節に対して経皮的に細径針を穿刺し、細胞の一部や組織の一部を採ってきます。それを病理的および細菌学的に検索します。肺に結節があり、特に肺癌などが疑われる場合には迅速な診断が必要です。このような場合に大変有効な方法です。

放射線治療について

放射線治療は、放射線を体に当ててがんをはじめとする疾患を治療していくものです。平均して10-30名ほどの患者さんがこの治療を受けています。対象は脳腫瘍、頭頸部腫瘍、肺がん、乳がん、子宮がん、前立腺がん、膀胱がんなどの治療や、全身に転移した骨・リンパ節による症状の緩和など、多種多様の腫瘍が含まれます。一回の治療時間は15分弱で台の上に寝てもらうだけと受けやすい治療であり、主に外来通院で行います。
また、外部から放射線を当てていく治療だけではなく、子宮頸がんに対する膣内照射(ラルス)も行っております。
適応に関しては診察時に聞いてください。

当科を受診するにあたって

診断・治療の予約をお受けします。
当科では、CT、MRI、核医学診断およびIVR、放射線治療を行っていますが、いずれも、『電話予約』をお受けしています。
CT・MRI・核医学・IVRは  TEL:0428(22)3191  放射線科受付(内線:5319)まで
放射線治療は           TEL:0428(22)3191  地域医療連携室(内線:5327)まで
ご連絡ください。

放射線科治療外来の予約の詳細につきましてはこちらをご覧ください。

『ご紹介状』診療情報提供書をお持ちいただき、予約日にご来院いただければ幸いです。

放射線治療の受診に関して

新規治療外来は週3回(月曜午後・木曜・金曜)、再診は週2回(火曜・水曜)、治療は月曜~金曜日の毎日連続で行っています。 放射線科には入院できないので入院が必要な患者さんはその疾患の当院での担当科をあらかじめ受診して下さい。

平成30年度年報資料へリンク