薬剤部 – 青梅市立総合病院
■□ ■□ ■□            
メニュー 閉じる

薬剤部

薬剤部のご紹介

薬剤部は、適正な薬物療法を支援するために、医薬品の管理、供給、情報の提供を行っています。

内服薬等の調剤

外来および入院患者さんのお薬を調剤しています。電子カルテシステムや散剤監査システムを導入し処方鑑査を行っています。また、調剤後は二重の鑑査を実施し、正確な調剤を行っています。

注射薬の調剤

入院患者さんの注射薬は、電子カルテシステムと連動した全自動注射薬払出システムを用いて払出を行っています。調剤では、注射薬の投与量や投与される注射薬の相互作用および投与ルートなど必要なチェックを行ない、万全の注意を心がけています。

抗がん剤の混注調製

がん診療連携拠点病院として、当院薬剤部では、薬歴チェック・処方鑑査・無菌的調製を行うことで、入院および外来の患者さんにより安全に、安心して治療を受けていただいています。
平成23年4月より新設の外来治療センター内に薬剤調製室を設置し、抗がん剤の調製を行っています。

院内製剤

必要に応じて市販されていない薬剤を調製します。例を挙げますと、心臓外科手術に使用される「心停止および心筋保護液」はクリーンルームにおいて、無菌的に混合調製しています。

医薬品情報管理

入院患者さんの持参薬の鑑別や、医薬品に関する情報を収集・整理し、医師・医療スタッフからの問い合わせに対応しています。
また、定期的に薬事ニュースを発行し、各部署に情報提供を行っています。当院では電子カルテシステムを導入しているため、薬品マスターの管理を行うことで薬剤の適正使用を推進し、誤入力防止対策にも取り組んでいます。
また、院内の安全性情報収集システムが立ち上がり、副作用などの情報は薬剤部にて管理しています。

病棟薬剤業務

病棟に専任の薬剤師を配置し、すべての入院患者さんの持参薬を確認、継続使用する事が問題ないかを医師へ情報提供しています。
また、入院中に使用する薬剤について薬歴管理(相互作用、重複、アレルギーなどの確認)を行い、患者さんの病状等を把握した処方設計、処方提案を行っています。
病棟に配備された薬剤の管理はもとより、処方された薬剤が間違いなく、そして安心して患者さんにご使用いただけるように配薬管理もしています。
特に、抗がん剤など投与量、投与速度、副作用など、よりいっそうの管理が必要な医薬品にあっては、使用前にそれらの確認、説明を行い、医師、看護師と連携して効果的かつ安全な薬物治療のための支援をしています。

薬剤管理指導(服薬指導)業務

適切な薬物療法を行っていただくために、医師や他の医療スタッフと連携を図り、入院患者さんに服用方法、副作用、効能・効果などの情報を提供しています。

糖尿病教室

週1回、糖尿病教室を開催し、患者さんに糖尿病の飲み薬やインスリンについて理解していただき、薬への知識を深めていただいています。

薬品管理

医薬品在庫量の適正化を図り、円滑でかつ正確に供給できる体制を整えています。また、品質管理や使用期限管理・出納管理を行うことで、向精神薬や毒劇薬、血液製剤など様々な法的規制を受けている医薬品を適正に管理しています。

その他

薬事委員会事務局や治験事務局の業務も行っています。病院内のNST(栄養管理チーム)、じょくそう、感染対策、緩和ケア、医療事故防止対策などの医療チームに参加し、適切な薬物療法が行われるように取り組んでいます。また、薬学教育協議会の実務実習調整機構を通して、薬学生を受け入れ、医療に貢献する実践力の高い薬剤師をめざした育成を行っています。

院外処方箋について [保険薬局の方へ]

疑義照会について

1)保険薬局は、処方せんに疑義がある場合、処方医(処方医不在の場合は該当科責任者)に直接連絡をして下さい。

2)処方内容に変更が生じた場合、保険薬局は調剤終了後に疑義照会内容を「調 剤終了後処方せん疑義照会報告」記入のうえ、当院薬剤部へFAXをお願い致 します。

3)処方せんの剤形・規格に関する疑義照会を減らすために、院外処方せんに「剤形・規格変更可」の欄を設けました。

① 変更不可の場合
剤形・規格変更不可の場合は、「剤形・規格変更可」に二重線が引かれ、処方医の押印があります。

② 剤形・規格変更について
i. 用法用量が変わらない場合のみ変更可とします。
ii. 安定性、体内動態等を考慮して変更して下さい。
iii. 商品名が変わる変更は、「後発医薬品変更可」の場合のみ可とします。
iv. 外用薬の剤形変更は不可とします。(軟膏→クリームの製剤の変更等)
v. 剤形・規格を変更する場合は、あらかじめ患者さんの了承を得た上で 変更して下さい。

③ 剤形・規格変更可のとき
上記2に従って剤形・規格変更した場合は、当院への疑義照会は不要ですが、変更の初回のみFAXをお願い致します。

調剤終了後処方せん疑義照会報告PDF

調剤過誤

調剤過誤が発生した場合は、速やかに処方医(処方医不在の場合は該当科責任者)にご連絡下さい。その後「調剤過誤報告書」に記入のうえ、当院薬剤部へFAXをお願い致します。

調剤過誤報告書PDF

疑義照会・調剤過誤のFAX送付先

薬剤部直通FAX番号:0428-21-7877

平成30年度年報資料へリンク