腎臓内科 – 青梅市立総合病院
■□ ■□ ■□            
メニュー 閉じる

腎臓内科

外来担当表

腎臓内科
午前木本
篠遠
荒木
木本飯田松川木本
午後篠遠
荒木
木本飯田松川木本

診療医のご紹介

部 長

木本 成昭

日本内科学会認定内科医・指導医,日本腎臓学会腎臓専門医・指導医,日本透析医学会専門医

副部長

松川 加代子

日本内科学会総合内科専門医,日本腎臓学会腎臓専門医,日本透析医学会専門医

医 長

荒木 雄也

日本内科学会認定内科医,日本腎臓学会腎臓専門医,日本透析医学会専門医

医 員

稲葉 俊介

日本内科学会会員,日本腎臓学会会員,日本透析医学会会員

診療内容

外来

腎臓専門外来診療を毎日行っております。腎炎などの治療、慢性腎不全に対する治療などを行っています。
また、腎疾患と関係の深い高血圧なども治療の対象となっております。
開業の先生方との連携をしっかり保ちつつ患者様の治療に当たるようにしております。

入院

救命救急センターの設置の影響もあり、腎疾患患者様が当院へ集中する傾向があり、入院患者様は腎疾患一般に広くみられるのが特徴で、急性期のどのような疾患も治療を行っています。

血液浄化センター

80人ほどの患者様の透析治療を行っています。
重篤な合併症を有している方の割合が多く、様々の科と連携治療をする機会が多いのが特徴です。
当院は大病院でありながら維持透析患者を多数治療しておりますので、長期合併症の問題も解決しなければならない重要問題となっております。
医師、臨床工学技士と看護師が一体となり、如何にしたら快適な生活が送れるかを常に心がけながら患者様の治療にあたっております。
また、腹膜透析治療も充実して行っています。

平成30年度年報資料へリンク