メニュー 閉じる

循環器内科


外来担当表

循環器内科
午前木村
栗原
大坂
河本
小野
野本
矢部
鈴木
宮崎
田仲
午後木村
栗原
大坂
河本
小野
野本
矢部
鈴木
宮崎
田仲

診療医のご紹介

役 職 氏 名 専門医・認定医等情報 専門領域
院 長 大友 建一郎 日本内科学会総合内科専門医・指導医,日本循環器学会循環器専門医,日本不整脈心電学会不整脈専門医 循環器全般
部 長 小野 裕一 日本内科学会総合内科専門医・指導医,日本循環器学会循環器専門医,日本不整脈心電学会不整脈専門医 循環器全般,不整脈
副部長 栗原 顕 日本内科学会総合内科専門医・指導医,日本循環器学会循環器専門医,日本心血管インターベンション治療学会認定医・専門医 循環器全般,虚血性心疾患
副部長 鈴木 麻美 日本内科学会総合内科専門医・指導医,日本循環器学会循環器専門医,日本心血管インターベンション治療学会専門医・認定医,日本心臓リハビリ学会認定心臓リハビリテーション指導士 循環器全般,肺循環疾患,虚血性心疾患
医 長 宮崎 徹 日本内科学会総合内科専門医・指導医,日本循環器学会循環器専門医,日本心血管インターベンション治療学会認定医 循環器全般,虚血性心疾患,抹消動脈疾患
医 長 大坂 友希 日本内科学会総合内科専門医・指導医,日本循環器学会循環器専門医,日本不整脈心電学会不整脈専門医 循環器全般,不整脈
医 長 野本 英嗣 日本内科学会総合内科専門医・指導医,日本循環器学会循環器専門医,日本心血管インターベンション治療学会認定医,日本心臓リハビリテーション学会認定リハビリテーション指導士 循環器全般,虚血性心疾患,抹消動脈疾患
医 長 矢部 顕人 日本内科学会認定内科医 循環器全般,不整脈
医 員 田仲 明史 日本内科学会認定内科医 循環器全般
医 員 木村 文香 日本内科学会認定内科医 循環器全般
医 員 河本 梓帆 循環器全般

診療科のご紹介

東京都CCUネットワークに所属し、急性心筋梗塞、狭心症などの虚血性心疾患、頻脈性および徐脈性不整脈、心臓弁膜症や心不全、末梢動脈疾患、肺塞栓、急性大動脈解離などの循環器疾患に対して、心臓血管外科とともに夜間休日を問わず24時間体制で対応しております。

治療・検査

狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患の診断治療

胸痛などの症状を引き起こす虚血性心疾患に対して第2世代薬剤溶出ステントを中心とした経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を行っております。8割以上の方が手首の動脈からの治療で、予定手術に対しては3~4日間の入院が一般的となっています。また、高速回転アテレクトミー(ロータブレーター)は血液透析を中心とした高度石灰化病変に対して効果を発揮しています。
心エコー、トレッドミル負荷心電図、負荷心筋シンチグラフィー、心臓CT(64列MDCT)などの検査を診断に利用し、また、薬剤治療、PCI、冠動脈バイパス手術の適否について 心臓血管外科 と共に判断して、患者さんの納得の上で最適と考えられる治療を行っております。

頻脈性不整脈に対する高周波カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)

動悸などの症状を引き起こすWPW症候群・発作性上室性頻拍・心房頻拍・心房粗動・心室頻拍など各種の頻脈性不整脈に対してカテーテルアブレーションを行っております。疾患によっては、治療後、生涯にわたり薬から開放される可能性がある点で非常に大きな価値があります。
発作性を中心とした心房細動に対するカテーテルアブレーション(肺静脈隔離術:高周波・冷凍等)は、高い効果をあげております。
かかりつけの先生にご相談して紹介状をうけて心房細動外来(毎週月曜日午前)を受診ください。

不整脈・心不全のデバイス治療(ペースメーカー・ICD・CRT)

失神などの症状を引き起こす洞不全症候群・房室ブロックなどの徐脈・心停止に対してペースメーカー、失神、心臓突然死を引き起こす心室頻拍や心室細動などの致死性不整脈に対して植込み型除細動器(ICD)を行っております。また、心臓の収縮するタイミングが歪んで呼吸困難を引き起こす左脚ブロックを伴った心不全に対して心臓再同期治療(CRT)を行っております。

末梢動脈疾患に対するカテーテル治療

手足に血液を届ける末梢動脈に動脈硬化が生じると、血管が狭くなったり、詰まったりして血液の流れが悪くなり、しびれや痛み、悪化すると潰瘍や壊死をきたすことがあります。
ABI(足関節上腕血圧比)、CT検査やMRA検査から末梢動脈疾患が疑われた場合には、進行度や患者さんの状態にあわせ、血管外科 と共に、バイパス手術、バルーンやステントを使って広げる血行再建術(PTA)を判断し、行っております。
歩行中にふくらはぎや太ももにしびれが強くなり、数分間休むと再び歩行が可能になる、間歇性跛行などで困っていらっしゃる方は、かかりつけの先生にご相談して血管外来(毎週火曜日午後)を受診ください。

肺高血圧症の診断治療

肺動脈性肺高血圧症、慢性血栓塞栓性肺高血圧症は特定疾患に指定される難病ではありますが、労作時息切れや動悸、倦怠感など、この病気に特有な症状がないために進行してから発見・受診される場合も多くみられます。特に慢性血栓塞栓性肺高血圧症は、従来の抗凝固療法と外科治療である肺血栓内膜摘除術に加えて新しい血管拡張薬やカテーテル治療も行われています。かかりつけの先生にご相談して木曜午前外来を受診ください。

その他

診療情報について

カテーテル手術やCCU入院患者などの診療情報(名前、住所、電話番号など個人を特定できるものは除く)を各学会(日本循環器学会日本心血管インターベンション治療学会日本不整脈心電学会東京都CCU連絡協議会 など)に発表または提出、集計し、疾患の予後、治療法、手術成功率などの医療データとして活用しています。
なお、診療情報提出に賛同いただけない場合には、主治医または担当医師にお申し出ください。そのことから不利益を受けることはありません。是非ともご了承いただきますよう、お願い致します。

【お問合せ先】

循環器内科担当医師 小野裕一・栗原 顕

東京都CCUネットワーク