文 字 背景色 ■□ ■□ ■□
メニュー 閉じる

身体障害者補助犬の受け入れについて

当院では身体障害者補助犬法に則り、当院を安心してご利用いただけるよう、盲導犬、聴導犬、介護犬の同伴を受け入れております。
当院には様々な症状をお持ちの方が来院されています。特に免疫力・抵抗力の低下している患者さん、アレルギーをお持ちの患者さんなど影響が出る可能性がある方も来院されています。そのため、以下のとおり規定を設けさせていただいております。

受入可能な補助犬

盲導犬 目の見えない方、見えにくい人が行きたい場所に出かけられるように、障害物を避けたり、段差や角を教えたりします。ハーネス(胴輪)をつけています。

介助犬 手や足に障害のある方の手助けをします。肢体不自由者の手足となって、日常生活における動作の補助をします。介助犬と書かれた表示をつけています。

聴導犬 耳の不自由な方にタッチをするなどの動作を使って必要な情報を知らせ生活をサポートします。聴導犬と書かれた表示をつけています。

身体障害者補助犬の同伴可能区域

院内での身体障害者補助犬の同伴可能区域は、次の区域とさせていただいております。
同伴可能区域以外への立ち入りや、その他ご不明な点がありましたら、最寄りの職員にお気軽に声をおかけください。

同伴可能区域 外来部門 外来ホール、待合室
各診療科待合室、診察室(救急外来を除く)
栄養指導室(1階、3階)
 入院部門 入院の場合、補助犬の同伴はご遠慮いただいております。
面会は、各病棟内の談話室、ラウンジのみ同伴可能です。
 その他 レストラン、売店、屋上庭園、院長の許可がある区域
同伴禁止区域 救急外来待合室・救急外来診察室
各検査室(眼科、耳鼻科を除く)
放射線部門(MRI部門も含む)
処置室、中央注射室
透析室
化学療法室
内視鏡室
リハビリ室(理学療法室、作業療法室、言語療法室)
手術室、中央材料室
ICU、CCU、NICU
一般病室

補助犬を同伴し、来院される方へ

来院にあたっては、必要に応じて以下の点について確認させていただく場合がありますので、ご了承ください。

・「身体障害者補助犬健康管理手帳」の所持の有無
・「身体障害者補助犬認定証」の所持の有無

来院のみなさまへ

身体障害者補助犬は適切な健康管理と予防対策が講じられた犬であり、補助犬利用者がきちんと行動管理をしていますので、他の患者さんに迷惑をかけるようなことはございません。
犬のアレルギーをお持ちの方、何か問題やお気づきの点がありましたら、遠慮なく職員にお申してください。

ご不明な点がありましたら、医事課にお問合せください。