平成29年度 青梅市立総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 621 168 300 422 661 963 1901 2948 1752 294
【病院指標の共通の定義(集計における約束事)および諸注意】
・平成29年4月1日から平成30年3月31日の間に退院した患者さんが集計の対象です。ただし、以下の場合は集計から除外しています。
 -1 入院した後、24時間以内に死亡した場合
 -2 当院の精神病棟のみの入院であり、一般病棟に一度も入院していない場合
 -3 自然分娩など、保険診療以外(自費や自賠責保険など)の場合、または保険診療以外が例外的に混在する場合
・年齢は、入院した時点(入院当日)で集計しています。
・ハイフン(-)であるものは、症例数が10未満のため、記載を省略しています。また、付随する当院のデータも併せて省略しています。
・各指標において「患者用パス」とあるものは、現在、掲載につき検討中です。

【この指標の定義】
・年齢区分において、例えば「10~」は10歳以上20歳未満を指しています。
・年齢階級「90~」は、入院時点の年齢が90歳以上すべてとなります。

【解説】
 60歳以上の患者の割合が全体の7割近くに達し、当院への高齢者の医療需要が増していることを示唆する結果となりました。また、前年度と比較して60歳以上の患者の総数に大きな変化はありませんでしたが、80歳以上の患者数に増加がみられ、地域の高齢化が進んでいることを示唆する結果となりました。
 10歳未満の患者の割合は前年度と大きな変化はなく、高い状態が維持されており、このうちの約3割が周産期に発生した病態および先天性の疾患によるものです。
 これは、当院が新生児の入院に対応していること、東京都周産期連携病院としてリスクのある妊婦を継続的に受け入れていることが、数字として示されていると言えます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 129 15.19 11.99 0.78 72.04
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 108 4.56 3.59 0 69.89
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 67 21.82 19.65 11.94 69.82
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 50 19.9 20.83 38 80.74
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 17.21 14.6 20.59 72.91
呼吸器内科では、肺がんや間質性肺炎などの専門的治療を必要とする患者さんを積極的に受け入れています。
当院は、西多摩地域では数少ない「肺がん」の診断、治療が可能な病院であり、抗がん剤治療においても外来、入院ともに実施可能な体制を整えています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 122 12.89 10.61 5.74 74.13
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 60 10.12 11.44 0 74.72
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 9.51 8.98 11.11 69.22
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 42 11.29 10.71 14.29 69.76
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 41 7.88 7.87 0 56.39
消化器内科では、肝疾患、胆道疾患や上下消化管疾患などを積極的に受け入れを行っています。消化器がんの抗がん剤治療も積極的に診療を行っています。
 大腸ポリープに対する内視鏡的切除は、現在は日帰りでの実施を主としていますが、切除前の患者さんの状態などにより、入院治療となる場合があります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 263 3.03 3.03 0.38 68.23
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 215 5.36 5.3 1.4 67.08
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 135 18.56 17.71 16.3 81.13
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 119 5.01 4.62 0 69.82
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 82 10.3 11.21 2.44 79.04
 循環器内科では、虚血性心疾患および不整脈に対し、心臓カテーテル治療を積極的に行っています。
 患者さんに対する侵襲性も低いため、予定入院では3~7日程度の比較的短期での治療が可能となっています。
また、緊急入院にも対応できる体制が整っており、緊急での心臓カテーテル検査・治療も行っています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 36 16.36 16.38 41.67 69.67
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 35 19.23 16.51 60 72.34
010060x3990421 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10以上) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 2あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 10 26.4 33.89 70 79.3
010060x2990001 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 10 3.7 6.76 10 68.9
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 11.9 9.99 10 38.9
 神経内科では、特に脳梗塞の患者さんを多く診ています。
 脳梗塞においては、連携医療機関と診療計画を共有し活用する「脳卒中地域連携計画書」を導入しています。
 現在は、発症後できるだけ早期にリハビリテーションを開始し、最終的に自宅療養ができるよう、専門病院に転院した上でリハビリテーションを継続することが多くなっています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 43 15.51 14.55 0 67.74
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 12.07 12.23 7.14 58.57
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あり 18 39.89 36.38 16.67 67.61
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 16 40.69 22.12 0 59.81
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2 なし 15 10.53 12.41 0 69.33
 腎臓内科では、血液透析の準備や導入、およびシャントトラブルなどの際の入院が主体となっています。
 定期的な血液透析については、患者さんの自宅近隣の透析専門クリニックにおいて継続していただくことを基本とし、当院が持つ入院機能との分化をはかっています。
内分泌・糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 53 7.89 11.16 0 58.75
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 50 10.84 14.27 2 60.1
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 14.9 13.57 14.29 49.67
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 17 10.53 14.63 0 64.65
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 4.75 5.76 0 59.19
 内分泌糖尿病内科では、糖尿病の教育を目的とした入院を多く受け入れています。
 糖尿病の教育では、インスリンの自己注射の指導などとともに、栄養指導なども行います。
 また、手術目的の入院の際に、外科系の診療科と連携し、手術前の血糖コントロールを行うこともあります。
 その他の内分泌疾患に対しても幅広く対応しており、緊急入院や検査入院にも対応しています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 70 17.84 16.48 1.43 69.63
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 47 36.57 40.97 2.13 67.55
130030xx97x41x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 あり 23 23.61 49.99 0 64.78
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 19 16.53 17.04 0 71.68
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 3あり 18 28.39 34.49 5.56 68.39
 血液内科では、白血病やリンパ腫などの血液疾患の患者さんが多く入院しています。血液疾患に対応できる病院は、西多摩地域では限られているためと思われます。
 全国的な傾向ではありますが、1回あたりの入院日数が減少してきています。その理由として、外来における化学療法の実施が増加していることが挙げられます。そのことにより、患者さんのQOL(生活の質)が上がっていると思われます。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 93 17.56 17.16 9.68 67.57
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 なし 45 12.6 13.72 4.44 69.98
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし 12 15.25 19.01 16.67 80.25
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア1 - - 13.51 - -
110270xx99x0xx 急速進行性腎炎症候群 手術なし 手術・処置等2 なし - - 20.13 - -
 リウマチ膠原病科では、関節リウマチやSLE(全身性エリテマトーデス)を始め、多様な患者さんを受け入れしています。
 原因となる疾患から別の疾患を罹患した場合も、リウマチ膠原病科と他の診療科において連携して患者さんの治療にあたります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 56 12.13 15.61 1.79 72.07
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 45 6.51 6.64 2.22 63.58
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 8.73 8.98 2.44 74.15
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 36 8.14 9.88 2.78 49.17
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 32 5.03 5.56 0 37.19
 外科では、ここに挙げられている以外の消化器系手術、乳がんへの手術や血管手術など非常に幅広い疾患に対応しています。
 また、近年では腹腔鏡を使用した手術にも積極的に取り組んでおり、患者さんのニーズに応えられるよう努めています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 53 25.34 19.1 67.92 67.32
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 14.32 11.75 8 80.56
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 18.37 9.68 36.84 76.32
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 21.94 21.36 55.56 73.33
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 16.67 7.34 27.78 73.33
 脳神経外科では、手術の実施はもちろんのこと、患者さんの状態や年齢、ご家族の意向も踏まえ、保存的治療(手術を実施しないこと)も行っています。
 急性期脳梗塞のt-PA(血栓溶解療法)の治療実施は脳神経外科・脳卒中センターが担当しています。

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 29 14 12.35 0 70.69
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 17.82 10.04 0 39.36
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.14 - -
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし - - 11.03 - -
040200xx97x00x 気胸 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 16.54 - -
 呼吸器外科では、肺の手術を行っています。
 特に肺の悪性腫瘍に対する手術の割合が高く、呼吸器内科と緊密な連携をとり、術後のフォローをしています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 20 21.8 23.93 0 73.6
050050xx01110x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 1,2あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 15 21.2 28.11 0 70.93
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし - - 28.04 - -
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし - - 12.51 - -
050080xx0111xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 1あり - - 38.02 - -
 心臓血管外科では、循環器内科と連携し、カテーテル治療が不通もしくは困難な患者さんに対して、心臓手術を中心に行っています。
 術後のフォローについても循環器内科と連携し、患者さんが安心して治療を受けられる環境となっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 96 31.2 27.09 63.54 80.47
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 35 2.29 5.21 0 52.74
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 20 20.95 19.94 40 78.25
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 1あり 19 2.79 2.93 0 71.58
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 19 2.74 5.16 0 40.84
 整形外科では、骨折や脊椎・脊髄疾患に対する手術を多く行っています。
 また、リハビリテーションを積極的に進め、患者さんが早期退院できるよう努めています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 64 9.06 9.75 0 33.25
120140xxxxxxxx 流産 61 2.11 2.43 0 33.44
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 42 9.02 9.91 0 45.26
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 37 25.3 20.41 18.92 31.19
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 29 10.24 10.27 0 55.31
 産婦人科では、妊産婦さんを多く受け入れしています。保険診療ではないため、ここに挙げられない自然分娩の妊産婦さんを含め、帝王切開をする妊産婦さん、また残念ながら流産となってしまった妊産婦さんなどに対しても、当院では受け入れ体制を十分確保しています。
また「子宮筋腫」などの良性子宮腫瘍や卵巣良性腫瘍、「卵巣がん」などの悪性卵巣腫瘍、「子宮頸がん」「子宮体がん」などの悪性子宮腫瘍を初め、婦人科疾患においても適切に対応しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.73 - -
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1 なし - - 10.89 - -
080090xxxxxxxx 紅斑症 - - 10.37 - -
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 - - 7.28 - -
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2 なし - - 4.01 - -
 皮膚科では、入院治療の主担当科となることは少なく、他の診療科に入院している患者さんの皮膚疾患管理・サポート役が多くなっています。
 特に、ご高齢の方は「褥瘡(じょくそう)」、いわゆる床ずれから感染して重大な疾患につながることもあり、その役割は決して小さくありません。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 91 10.7 7.31 1.1 73.48
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 86 6.09 5.75 0 57.09
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし 34 6.15 7.2 0 57.62
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 25 10.4 11.31 0 65
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 24 13.79 12.92 0 69.17
 泌尿器科では、入院治療においては尿管や腎臓の結石除去、また膀胱がんや前立腺がんに対する手術などについて多くの症例があります。
 また、集計方法からここに挙げられていない前立腺に対する検査入院や、近年は腹腔鏡を使用した手術についても十分な体制を整えています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 74 6.42 6.18 1.35 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 70 9.63 11.49 0 0
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 63 6.21 5.94 1.59 1.65
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 60 5.35 6.32 0 4.02
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2 なし 49 3.02 3.91 0 2.45
 小児科では、産婦人科と緊密に連携し、当院で出産された低出生体重児や早産児に対して十分な体制をとっています。
 また、RSウイルスや肺炎球菌などが原因となる肺炎や気管支炎、胃腸炎の患者さんなど、小児期の幅広い疾患について受け入れをしています。
西多摩地域で休日・夜間帯に入院できる病院として、緊急入院にも対応しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 - - 2.85 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.32 - -
100140xx99x00x 甲状腺機能亢進症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 10.56 - -
020370xx99xxxx 視神経の疾患 手術なし - - 11.22 - -
020320xx99xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術なし - - 8.46 - -
 眼科では、DPCの対象外となる白内障の患者さんの入院治療を多く行っています。
 白内障の外来手術を行う医療機関は多くありますが、当院は3泊4日程度入院することにより十分なケアを提供できる体制を整えています。
耳鼻いんこう・頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 83 4.3 5.48 0 36.05
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 29 5.21 7.22 0 48.52
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 22 6.73 7.23 0 53.23
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 22 6.5 7.58 0 55.27
130030xx97x00x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 2.33 8.84 0 65.67
  耳鼻咽喉科・頭頸部外科では、多くの扁桃腺疾患(扁桃炎、扁桃周囲膿瘍など)の患者さんを入院で受け入れしています。
  頭頸部がんの診断や手術、化学療法にも積極的に対応しています。
  また、悪性リンパ腫が疑われる患者さんの、頚部リンパ節の生検は耳鼻咽喉科・頭頸部外科で行います。
精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 3.58 - -
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 17.71 - -
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし - - 17.16 - -
160450xx97x1xx 肺・胸部気管・気管支損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 あり - - 19.56 - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.34 - -
 精神科では、入院の目的が、精神疾患の治療を目的とした入院と、精神疾患がある患者さんに対する身体的な治療を目的とした入院に大別できます。
 ここで挙げているものは、身体的な治療が必要な患者さんが、精神科以外の診療科に入院入している一般病棟から、精神科のある精神病棟に転科転棟したものとなっています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 2.26 3.58 0 45.22
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2 なし 11 2.18 4.01 0 58.09
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.34 - -
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.68 - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.15 - -
 救急科では、救急外来から緊急入院する場合に専門の診療科に橋渡しをすることも役割のひとつとなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 38 21 18 70 10 38 2 7
大腸癌 35 37 35 26 16 26 2 7
乳癌 15 - - - - - 2 7
肺癌 20 12 48 159 86 99 2 7
肝癌 - 10 12 - 10 60 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【この指標の定義】
 ・延患者数で集計しています。そのため、期間中に同じ患者さんが同じがんで入退院を繰り返しするとき、退院した回数分の集計がされています。
 ・検査入院を含め、病期分類が確定前に退院するときは【不明】の集計となります。

【解説】
・胃癌は、【Ⅰ期】で内視鏡的切除の適応となること、またⅣ期は化学療法による入退院を繰り返すことから、【Ⅱ期】、【Ⅲ期】と比較して高い数値となっています。
・大腸癌は、胃癌と異なり各ステージ同じような数値となっています。
・乳癌は、当院の入院治療の主体が外科手術適応の患者さんであることから、【Ⅰ期】、【Ⅱ期】が多い結果となりました。
・肺癌は、治療開始の時点で遠隔転移の割合が高いこと、また化学療法の入退院を繰り返すことなどから、【Ⅳ期】が突出して多い数値となっています。なお、【不明】の割合が高いのは、肺組織を一部採取する検査入院が多いためと考えられます。
・肝癌は、当院では抗がん剤を動脈から注入する治療が多く、この治療は局所再発にも適応があることから、【再発】の割合が高い結果となりました。

当院は、「地域がん診療連携拠点病院」として様々ながんの治療を積極的に行っており、手術だけでなく、化学療法や放射線治療も行っています。
 また緩和ケアについても、専任の医師、看護師およびケースワーカー等の多職種で構成されたチームが中心となり、悪性疾患と告知されたときから始まる「全人的な」サポートを行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 10.5 59.15
中等症 121 16.71 72.3
重症 31 21.94 81.61
超重症 11 22.27 83.73
不明 - - -
【この指標の定義】
 ・成人(20歳以上)の患者さんが集計の対象です。
 ・「市中肺炎」とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指し、入院後48時間以降に新たに出現する「院内肺炎」とは区別されます。
 ・重症度は、日本呼吸器学会による「市中肺炎ガイドライン」の重症度システム(A-DROP)に基づき分類しました。
A-DROPとは、
1 Age(年齢)       男性70歳以上、女性75歳以上
2 Dehydration(脱水)   BUN 21mg/dL以上または脱水あり
3 Respiration(呼吸)   SpO2<=90%(PaO2 60Torr 以下)
4 Orientation(見当識)  意識障害あり
5 Pressure(血圧)    収縮期血圧90 mmHg以下
の頭文字を取ったもので、これら5つの因子をそれぞれ評価し、判定します。
なお、因子に1つでも不明があると、重症度は「不明」の集計となります。

【解説】
症例数としては中等症がピークとなっており、重症、超重症と徐々に減少しています。
重症度が上がるに連れ、平均在院日数、平均年齢ともに上がっていることから、特に年配の方においては諸症状(咳、痰、胸痛、呼吸困難など)が現れたとき、早めに医療機関を受診することをお勧めします。

市中肺炎の治療は適切な抗菌薬の選択が重要になりますが、当院では多職種で構成する抗菌薬適正使用部会を中心に適切な使用を推進しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 181 21.75 75.03 54.12
その他 13 22.31 75.31 5.15
【この指標の定義】
脳梗塞に関連するICD-10で退院した患者さんが集計対象です。
ICD-10とは『国際疾病分類・第10回修正版』であり、死亡や疾病のデータの体系的な分析・解釈および比較を行うためにWHO(世界保健機関)により1990年に採択された国際基準です。
  この集計では、2003年に改訂されたICD-10(2003年改訂版)を使用しています。
【解説】
脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり、何らかの原因で脳の血のめぐりが正常の5分の1から10分の1程度に低下し、その結果、脳組織が酸素欠乏や栄養不足に陥った状態のまま、ある程度の時間が経過した結果、その部位の脳組織が壊死(梗塞)してしまったものをいいます。
脳梗塞は、発症からどれだけ迅速に治療およびリハビリテーションを開始できるかにより、その後の日常生活動作(ADL)に影響を及ぼします。当院での治療後は、重症度に応じて自宅退院、回復期リハビリテーション専門病院への転院へ移行などとなり、その際は地域の関連施設と連携・調整を図っています。
一過性脳虚血発作は、脳に行く血液の流れが一過性に悪くなり、運動麻痺や感覚障害などの症状が現れるものの、24時間以内、多くは数分以内にその症状が完全に消失するものをいいます。そのため、入院期間は脳梗塞と比べて短いものですが、脳梗塞の前触れ・危険信号として非常に重要です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 等 - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
K509-4 気管支瘻孔閉鎖術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 等 - - - - -
 ※呼吸器内科では、手術行為は行いません。ここで挙がっているものは、他の診療科に実施を依頼したもの、または患者さんの一入院における転科前に他の診療科で実施したものとなります。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 134 0.81 14.69 7.46 74.23
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 99 0.75 1.96 0 69
K654 内視鏡的消化管止血術 等 71 0.83 14.45 19.72 72.37
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 58 1.71 7.88 1.72 74.79
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 30 1.9 11.07 6.67 77.9
 手術数1位は閉塞性黄疸に対する内視鏡手術、手術数2位は、大腸にあるポリープを内視鏡的に切除する手術となりました。現在、このポリープ切除の大部分が日帰り(外来)で実施しています。
 手術数4位は、肝がんに対して抗がん剤を動脈から注入する治療になります。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 等 176 1.86 2.81 1.14 68.37
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 100 2.19 2.7 0 70.2
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 63 0 11.25 4.76 67.87
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 等 56 0.18 9.16 3.57 66.12
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 等 48 1.92 8.23 2.08 80.35
 不整脈に対するカテーテル治療が、循環器内科では手術数1位となりました。この分野では、西多摩医療圏での当院の手術数は非常に多くなっています。
 手術数2位は狭心症や急性心筋梗塞に対する予定手術、3、4位は同じく緊急手術であり、合算すると219件となって不整脈治療より件数が多く、時間を問わず受け入れ可能な体制であることがお分かりいただけると思います。
 循環器内科では、予定、緊急を問わず、カテーテル治療・手術を行う体制を十分に確保しています。

神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K449 唾液腺膿瘍切開術 - - - - -
K168 脳切除術 - - - - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
 ※神経内科では、手術行為は行いません。ここで挙がっているものは、他の診療科に実施を依頼したもの、または患者さんの一入院における転科前に他の診療科で実施したものとなります。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 等 51 9.43 8.59 3.92 67.75
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 50 0.8 2.64 2 71.62
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
 腎臓内科では、入院では慢性腎不全に対する治療が大半を占めているため、手術数1位、2位ともに血液透析に使用する内シャントに関連する手術となりました。
 また、症例数が10未満ではありますが、血液透析に使用する内シャント造設(シャントとは血液が本来通るべき血管と別のルートを流れる状態。その状態を手術で造ることをいう)が困難な患者さんに実施する「上腕動脈表在化法」が手術数4位となりました。
内分泌・糖尿病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 - - - - -
 ※内分泌糖尿病内科では、手術行為は行いません。ここで挙がっているものは、他の診療科に実施を依頼したもの、または患者さんの一入院における転科前に他の診療科で実施したものとなります。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 - - - - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K142-4 経皮的椎体形成術 - - - - -
 ※血液内科では、手術は行いません。ここで挙がっているものは、診断や治療のために他の診療科に実施を依頼したものです。患者さんが血液内科転科前に他の診療科で実施したものも含まれます。
リウマチ科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 - - - - -
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建)) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K637-2 経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術 - - - - -
- - - - - - -
※リウマチ膠原病科では、手術行為は行いません。ここで挙がっているものは、他の診療科に実施を依頼したもの、または患者さんの一入院における転科前に他の診療科で実施したものとなります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 等 125 1.18 2.29 1.6 68.63
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 79 1.53 5.3 1.27 65.39
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 52 4.12 8.52 3.85 72.21
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの 等 31 0.35 6.23 3.23 50.32
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 等 25 0.08 3.44 0 35.4
 手術数1位は、鼠径ヘルニアの手術でした。鼠径ヘルニアについては、原則として3泊4日入院となっています。
 昨年度の手術数3位は結腸がんの開腹手術でしたが、今年度は結腸がんの腹腔鏡手術が手術数3位となりました。その他の上位も腹腔鏡手術であり、腹腔鏡手術を積極的に行っていることがお分かりいただけると思います。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 39 1.77 13.74 20.51 79.08
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 16 0.44 36.63 43.75 67.5
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 等 10 5.2 36.1 0 64.1
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの - - - - -
K145 穿頭脳室ドレナージ術 - - - - -
 手術1位の慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術は、緊急で行う場合もありますが、慢性期を外来で経過観察しつつ、実施の必要性が生じたときに入院して行う場合もあります。
 一方で、手術数2位の脳動脈瘤頸部クリッピング術や、4位の頭蓋内血腫除去術など、緊急性が高い手術にも十分対応可能な体制を整えています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5143 肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 等 23 2.91 11.39 0 71.74
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) - - - - -
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 - - - - -
K5141 肺悪性腫瘍手術 部分切除 - - - - -
K502 縦隔腫瘍、胸腺摘出術 - - - - -
 呼吸器外科の手術数1位は開胸における肺がん手術、3位は胸腔鏡を使用した肺がん手術となっています。患者さんの肺がんの状態などから手術方法を決定していきます。
 手術数2位は、主に気胸に対する胸腔鏡を用いた手術です。自然気胸は若年層の男性が発症しやすく、そのため患者さんの平均年齢が低くなっています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 2吻合以上のもの 16 6 15.13 0 72.44
K5551 弁置換術 1弁のもの 12 3.42 14.42 0 78.25
K5601ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈 その他のもの 等 - - - - -
K5943 不整脈手術(メイズ手術) - - - - -
K5602 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 弓部大動脈 - - - - -
 心臓血管外科では、主に循環器内科におけるカテーテル治療が困難な多存病変、複雑病変の患者さんに対して手術を実施しています。
 「狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患に対する手術」、「大動脈弁、僧帽弁、三尖弁などの弁膜症に対する手術」、「胸部大動脈瘤や解離に対する大動脈手術」と、各疾患に対してバランスよく手術を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 等 80 3.7 22.73 51.25 74.99
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 等 37 0.68 5.7 5.41 54.24
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 等 32 4.66 22.41 28.13 71.81
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除 等 28 3.68 16.32 7.14 72.14
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 等 25 5.84 23.72 60 77.28
 ご高齢の方が自宅などで転倒し、大腿骨や股関節の骨折をされることから、手術数1位と5位の実施が多くなっています。
 手術数2位、3位は、待機的手術の場合も多く、また受傷年齢がやや低いことや、受傷部位から入院リハビリテーションの必要性が低い患者さんが多いため転院率が低く、自宅への早期退院が多くなっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 73 1.81 7.29 0 51.9
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 等 64 8.19 6.81 0 33.11
K9091 流産手術 妊娠11週までの場合 等 59 0 1 0 33.47
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 等 34 4.44 6.94 0 33.38
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 31 1.32 6.97 0 50.74
 帝王切開術については、やむを得ず緊急に行うもの、予定して行うもの、この2つに大別できます。
 ここでは選択帝王切開が手術数2位に挙がっていることから、「前回の出産時に帝王切開を行った妊産婦さんが今回も行う」という場合が多いものと考えられます。
 手術数1位の子宮全摘は「子宮筋腫」や「子宮体がん」に対して、手術数4位の流産手術は残念ながら「流産」となった場合における妊産婦さんへの処置となります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 92 1.1 8.79 1.09 73.71
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 等 78 0.87 4.26 1.28 57.31
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 70 0.67 6.33 1.43 65.4
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 26 1.15 14.08 0 69.58
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 24 1.46 8.46 0 68.17
 尿管結石、腎結石は水腎症を引き起こすことも多く、手術数2位と3位の手術を同時に行う患者さんも多くなっています。
 膀胱がんは膀胱内の局所再発率が高く、また早期発見で浸潤性ではないことが多いため、手術数1位の手術が多く行われます。
 手術数4位、5位にあげられた腹腔鏡手術は年々増加しており、当院では、泌尿器科におけるほぼすべての臓器に腹腔鏡手術を行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの - - - - -
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
 小児科では、観血的、いわゆる外科的な手術は行いません。手術数1位から3位までに挙げられたものは、診療報酬上「手術」と分類されたものとなります。
 手術数1位、3位は、生後すぐに泣き声が弱い、自発呼吸に乏しいなどの場合はこの行為の適応となります。
 手術数2位は、腸の一部が腸の中に重なって入り込んでしまう状態、「腸重責症」に対して行われる整復行為です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 196 1.08 2.04 0.51 75.86
K2171 眼瞼内反症手術(縫合法) 等 - - - - -
K239 眼球内容除去術 - - - - -
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 - - - - -
- - - - - - -
 眼科では、入院において白内障の手術を行っています。入院は3泊4日であり、術後翌々日の退院となるため、患者さんに十分なケアが可能となっています。
耳鼻いんこう・頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 等 40 2.28 7.03 0 21.13
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 28 0.54 3.25 0 47.29
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 等 18 2.11 3.5 0 52.5
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術 片葉のみの場合 12 1.83 4.25 0 55.75
K319 鼓室形成手術 12 1 1.83 0 63.75
 耳鼻咽喉科・頭頸部外科における手術数1位の口蓋扁桃手術(摘出)は小児に対しても実施するため、平均年齢が手術数2位と大きく異なる結果となりました。
 手術数2位の扁桃周囲膿瘍切開術は、ほとんどが緊急的に切開・排膿を実施するものであり、その後抗生剤治療を経て退院となります。
精神科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
K0732 関節内骨折観血的手術(手) - - - - -
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
  ※精神科では、手術行為は行いません。ここで挙がっているものは、一入院における精神科への転科転棟前に他の診療科で実施したものとなります。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) - - - - -
K3911 気管異物除去術(直達鏡) - - - - -
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
 ※救急科では、手術行為として、K000創傷処理など一部実施することがありますが、この報告では集計対象外とされるものです。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 18 0.18
180010 敗血症 同一 45 0.45
異なる 30 0.3
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 95 0.95
異なる 10 0.1
【この指標の定義】
 ・DPCの6桁がそれぞれのコードで退院した患者さんが集計対象となります。
 ・入院契機が「同一」とあるものは、入院する理由となった傷病名と退院時の傷病名が原則として同一であるもの、「異なる」とあるものは、入院する理由となった傷病名と退院時の傷病名が異なるものを指します。

 ・「播種性血管内凝固症候群(DIC)」は、基礎疾患の存在下に全身性持続性の著しい凝固活性化をきたし,細小血管内に微小血栓が多発して臓器不全、出血傾向の見られる重篤な病態です。
 ・「敗血症」は、肺炎や腎盂腎炎など生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。
 ・「その他の真菌感染症」は、酵母やカビなどが肺や皮膚から感染し、臓器感染に至っても日和見感染症の色彩が強いこと、診断が困難であることなどから、致命率が高い病態です。
 ・「手術・処置等の合併症」は、病院での治療後に、それらの行為が原因となって起こることがある病気です。たとえば、胃の手術を行った後に腸閉塞や出血を起こすことなどが該当します。

【解説】
 「播種性血管内凝固症候群」が全体で0.18%となっています。
 全ての症例が入院契機と「異なる」ものとなっており、入院後に病態が変化していることがわかります。入院契機の傷病名や診療科に偏りなどは特に見られません。
 「敗血症」が全体で0.75%となっています。
これは、入院時にすでに敗血症をきたすほど重篤となっている、または入院中に他の疾患から敗血症に至るなど、高齢で回復力が衰える患者さんが多くなっています。診療科の偏りなどは特に見られません。
  「手術・処置等の合併症」が全体で1.05%となっています。
このうち約6割(105件中63件)は血液透析のためのシャント造設(シャントとは血液が本来通るべき血管と別のルートを流れる状態。その状態を手術で造ることをいう)後、血管が狭窄や閉塞した状態を解除するものです。
シャント造設後、患者さんが適切に管理している場合であっても生じるものであり、当院では他医療機関からの紹介において、このような患者さんを多く受け入れしています。
なお、この「手術・処置等の合併症」に含まれるものは多岐にわたるため、以下にICD-10コード、名称、件数などを詳細に示すのでご参照ください。

T809・輸液、輸血、注射後のその他合併症
 透析困難症 ・・・ 1件
T810・手術、処置等に合併する出血
 後出血 ・・・ 5件
 生検後出血・・・ 1件
T813・手術、処置後の創部離開
 手術創離開 ・・・ 1件
 縫合不全・・・ 2件
T814・手術、処置後の感染症
 術後膿瘍 ・・・ 1件
 術後腹腔内膿瘍 ・・・ 3件
 術後感染症 ・・・ 3件
T817・血管合併症
 処置後血管合併症 ・・・ 1件
T818・手術、処置後のその他合併症
 吻合部狭窄 ・・・ 2件
 術後穿孔形成 ・・・ 1件
T823・心臓、血管の挿入物等の機械的合併症
 シャント機能低下 ・・・ 1件
T824・血管透析カテーテルの機械的合併症
 血管透析カテーテルの機械的合併症 ・・・ 1件
T825・心臓、血管の挿入物等の機械的合併症
 透析シャント機能低下 ・・・ 2件
T827・心臓、血管の挿入物等の感染症
 ペースメーカー植え込み後感染症 ・・・ 1件
 移植人工血管感染 ・・・ 4件
 中心静脈カテーテル感染症 ・・・ 2件
T828・心臓、血管の挿入物等のその他合併症
透析シャント静脈高血圧症 ・・・ 1件
透析シャント狭窄 ・・・ 43件
透析シャント閉塞 ・・・ 20件
T833・子宮内避妊器具の機械的合併症
 子宮内避妊器具の機械的合併症 ・・・ 1件
T835・尿路系の挿入物等の感染症
 カテーテル留置による尿路感染症 ・・・ 1件
T857・その他の体内挿入物の感染症
 VPシャント感染症 ・・・ 1件
 CAPD出口部感染 ・・・ 1件
 CAPD腹膜炎 ・・・ 4件
T886・適正に投与した薬物の反応
 薬物性ショック ・・・ 1件
更新履歴
2018/9/30
平成29年度 青梅市立総合病院 病院指標 公開