リウマチ膠原病科 – 青梅市立総合病院
■□ ■□ ■□            
メニュー 閉じる

リウマチ膠原病科

外来担当表

リウマチ膠原病科
午前長坂戸倉
小宮
竹中戸倉
午後長坂小宮長坂長坂

診療医のご紹介

部長

長坂  憲治

日本内科学会総合内科専門医,日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医

医員

戸倉  雅

日本内科学会認定内科医,日本リウマチ学会リウマチ専門医,
日本リウマチ学会登録ソノグラファー

医員

桐 雄一

診療内容

リウマチ膠原病科では、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、筋炎、全身性硬化症(強皮症)、血管炎症候群をはじめとするリウマチ性疾患の診療を担当しています。また、原因不明の発熱など『混沌とした病態』から何とか確定診断を導き出し当該科へ紹介する、総合診療的な役割を担っています。
近年のリウマチ性疾患における病因・病態の解明と治療法の進歩は目覚ましく、特に関節リウマチに対する治療法は生物学的製剤の登場により大きく変わりました。
関節リウマチは『不治の病』から『治ることが夢ではない病気』となったのです。早期診断・早期治療はもちろん、患者さん一人一人の御病状やライフスタイルに合わせ、抗リウマチ薬や生物学的製剤などを用いて適切な治療を行うよう、心がけております。
一方、全身性エリテマトーデス、筋炎、全身性硬化症(強皮症)、血管炎症候群などでは、複数の臓器にわたって症状がみられるだけでなく、たとえ同じ病名であったとしても患者さん一人一人によって症状が異なること、さらには治療に際して合併症がみられることもあります。従って、丁寧な診療を心がけるとともに、時には総合病院の特性を生かして各専門分野の医師と連携しながら診療にあたっています。
リウマチ性疾患は長期にわたる病気ということもあり、患者さんは様々な不調や不安を抱えていることも多いと思います。当科では患者さんの抱えている問題に対してきちんと向き合い、何とか解決できるよう、スタッフが一丸となって取り組みたいと考えています。

当科の診療実績は下記を参照してください。

平成30年度年報資料へリンク