文 字 背景色 ■□ ■□ ■□
メニュー 閉じる

産婦人科の臨床研修

当院の産婦人科について

当院は、H22年4月から妊娠34週以降・胎児の推定体重2000gr以上のミドルリスク妊婦受け入れを対象とした「東京都周産期連携病院」となり、H24年4月に軽症NICU3床を開設し、西多摩地区のみならず多摩地区全体の周産期医療のネットワーク体制の基幹病院の一つとして重要な役割を果たしております。
また癌拠点病院として、子宮がんや卵巣がんなどの婦人科悪性腫瘍に対して手術、放射線治療(RALS併用)、化学療法による集学的治療を行なっています。
この他、平成24年度産婦人科専攻医研修施設更新に伴い、H24年1月から日本産科婦人科学会周産期登録、婦人科腫瘍登録施設になっております。

研修プログラム

当院での3年間の研修を通して、産婦人科専門医の資格取得を目指します。

1年目

<最初の1ヶ月まで>

妊婦検診、会陰切開縫合を含む正常分娩管理、子宮内容除去術、婦人科良性疾患手術助手、帝王切開術助手を研修

<最初の3ヶ月まで>

良性付属器切除術、腹式単純子宮全摘出術の執刀開始

妊婦検診外来開始(1回/週)

<最初の6ヶ月まで>

婦人科外来診療開始(1~2回/週)

婦人科良性疾患、産科の診療を習得

≪1年目の到達目標≫

異常妊娠・分娩の診療、経膣分娩の管理の習熟、帝王切開術、良性婦人科疾患の執刀、術後管理の習熟、婦人科救急疾患診療の習熟

2年目

膣式単純子宮全摘術の研修

腹腔鏡手術の研修

悪性腫瘍の診療(化学療法、放射線治療)の研修

悪性腫瘍手術の助手

≪2年目の到達目標≫

膣式単純子宮全摘術の習熟

腹腔鏡の習熟

婦人科悪性腫瘍の診療の基礎的な知識の習得

3年目

悪性腫瘍手術の執刀

≪3年目の到達目標≫

悪性腫瘍の診療ができる。(診断、治療計画、手術、化学療法、放射線療法、緩和ケアについての知識、技術の習得。)
産婦人科の基本的手技について臨床研修医の指導ができる。

研修3年間の主な臨床経験の数値目標

経腟分娩管理:100~150件/年

吸引分娩:10~20件/年

腹式帝王切開術執刀:30~50件/年

子宮内容除去術:20~30件/年

婦人科救急疾患管理

(子宮外妊娠・卵巣出血・卵巣嚢腫茎捻転など):10~20件/年

良性付属器手術執刀:20~30件/年

腹式単純子宮全摘術:15~30件/年

膣式単純子宮全摘術:5~10件/3年

腹腔鏡執刀:5~10件/3年

後腹膜リンパ節郭清:3~5件/3年

広汎性子宮全摘術:1~2件/3年