文 字 背景色 ■□ ■□ ■□
メニュー 閉じる

 救急科の臨床研修

救急科の臨床研修

疾病・外傷、重症度、救急車・直接来院を問わずいろいろな症例を経験できます。救命救急センターの紹介や症例の内容は、救命救急センターのページをご覧ください。
当院では、一年次・二年次それぞれにおいて、1か月の救急科研修を必須としています。なお、二年次においては、最長3か月の救急科研修も可能です。
また、卒後三年次以降の救急医学研修も受け入れ可能です。

救急外来当直

一年次研修医3名、二年次研修医2名、救急科医師1名、内科医師1名と小児科医師1名ですべての患者を担当します。
基本的に初療は、重症度を問わず研修医が自力で問診し、身体所見をとり、必要な検査や処置を行います。
救急科、内科および小児科の当直医師が待機しており、必要に応じて相談や指導を受けることができます。

勤務時間

平日:17:15~24:00or8:30(翌日)
土日祝:8:30~19:00、10:00~21:00、19:00~24:00or8:30(翌日)

救急科講義

毎週月曜日18時から1時間トレーニングがあります。医師だけでなく、救急救命士や看護師も参加しています。
主な内容は、心肺蘇生法、外傷初期診療、救急外来診療法などです。また、シミュレーターを使用した中心静脈穿刺練習を行っています。
使用していない病室を“スキルラボ”にしています。ACLS用人形、JATEC用人形、訓練用AED、除細動付きモニター、気管挿管練習人形等が揃っています。
もちろん、研修医を含めて職員はいつでも利用可能です。実際に使用している病室と同じ構造なので、入院患者への対応を正確にシミュレーションできます。(病室は何と狭いことか・・・など)。

医学生の皆様へ

当院の臨床研修において、通年の救急外来勤務は大切な場です。勤務回数は月7~8回(内、翌朝までの当直は2~3回)で、その内容は“濃い”です。
一言で例えると、2年間の体育会系合宿です。当救命救急センターが臨床研修医に求めるのは、“2年間救急外来をやりたい”というモチベーションです。
当院で臨床研修を希望されるは、一度救急外来当直の見学にお越しください。特に、患者数の多い土日祝日をお勧めします。
そして当院での研修がご自身の希望に合っているかよく考えてください。合わない方には、当院の研修は肉体的にも精神的にもかなり厳しいと思います。
臨床研修で最も大切なのはそれが楽しいと思えることだと、我々は考えています。当救命救急センターは“楽”ではありませんが、“楽”しい研修を目指して、全国から西多摩地区の救急医療を一緒に支えてくれる臨床研修医を募集します。
研修終了時のアンケートでは、救急外来は研修の場として有意義だったと回答した研修医が多くいます。

採用試験・病院見学について

採用試験申込ページへ

病院見学申込ページへ